中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

廬山国立公園

投稿時間:2007年08月閲覧数:
廬山国立公園の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:Lushan National Park 廬山国立公園
世界遺産登録年:1996年
遺産のタイプ:文化遺産
所在地:江西省
 

  その昔、秦の始皇帝も登ったと伝えられる歴史ある文化的な名山である。廬山はいつも雲や霧がたちこめ、雨量も多く夏は涼しいので、避暑地としてとても人気がある。
  道教も仏教もこの美しい山で信徒に教義を伝授していたので、廬山は中国封建時代の重要な宗教の聖地となっている。道教や仏教寺院が多く散在し、宗教と文化的にも重要で、陶淵明、蘇東坡、陸遊、李白、白楽天など数多くの詩人がこの山を訪れ、4000首の詩を残している。宋の理学者である朱熹氏がここで主宰した白鹿洞書院は、文化の中心として数百年も続いた実績がある。
  江西省九江市の南にあり、北は長江、南はハ陽湖に挟まれて位置し、平地から抜き出た高い山を主とする山岳景勝地である。海抜1474mの主峰である大漢陽峰は天に届くように高くそびえ立っている。海抜1358m五老峰は山が連なり合って壮観である。上霄峰、双剣峰、九畳屏など171の峰々から形成されており、山の周辺は高くて険しく、中央部は平地に近い地形になっており、地質学上地塁式断層山地と呼ばれている。廬山はいつも雲や霧が立ちこめ、雨量もたっぷりあり、夏は涼しいので、中国南部の避暑地となっている。ここの景色に「雄、奇、険、秀」の特色がある。五老峰の東にある三畳泉瀑布は3段からなっており、落差は120mある。山の上には仙人洞、三宝樹、龍首岩などの景勝地がある。
  山の中に築造された風格の異なる高山別荘は廬山景観区における最もすばらしい観光スポットであり、世界中の山間景観区の中で第1位を占めている。山腹には晋代に残された東林書院、宋代の観音橋、白鹿洞書院などの旧跡もあるため、廬山の自然の風景と豊な歴史文化財はこの山の独特な魅力のもとでもある。

【交通】南晶まで飛行機、そこから列車または車で麓の九江へ。北京などから列車でも
行ける。

廬山国立公園
廬山国立公園
廬山国立公園 廬山国立公園 廬山国立公園
上げる
(0)
0%
下げる
(0)
0%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>