中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店
現在地: 旅情中国 > 中国旅行ガイド > 中国観光地案内 > 広東省 > 広州 > 六榕寺

六榕寺

南朝479年に創建された古刹で、市の中心街に建つ。宋の文人蘇東坡が境内にあった美しい6本の榕樹(ガシュマル)を見て、「六榕」の2文字を残して以来、六榕寺と呼ばれるようになった。境内には「花塔」あるいは「六榕塔」と呼ばれる広州で最も古い仏塔が立っている。以前は「千仏塔」と呼ばれていた。高さ約57mで、外観は9層だが、内部は17層になっており、階段で最上層まで登れるようになっている。寺近辺の路地の多い街並が一望できるのでぜひ登ってみたい。 他に、観音殿や六祖堂といった建物もある。寺に近い広州の外国領事館は、寺を中国からの子供の国際養子に参加する家族にとって普遍的な目的地にした。家族は普通、新たなぴったりのもらい子のためにこの寺の観音菩薩像の前で天恵を受ける。
中国語名:
六榕寺(liù sì)
中国語名の読み方:
リウ ロン スー
英語名:
Temple Of The Six Banyan Trees
六榕寺の観光時間:
08:00~17:20

六榕寺の写真

  • 六榕寺
  • 六榕寺
六榕寺についてのお問い合わせ
六榕寺についての旅行プラン・情報は下記のフォームより送信して、中国現地旅行社に直接お問い合わせます、旅行のアドバイスと見積もりは無料、24時間以内に返信します!
六榕寺についてのお問い合わせ
連絡メール: ご氏名: