中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

天津旅行案内

天津概況

所属地方: 華北【かほく】 所属省(市): 天津市
ピン音: tiān jīn 仮名: ティェン ジン
郵便番号: 300000 市外局番: 022
軽度: 39.1208760 緯度: 117.2150300
天津市は津と略称して、華北平原東北部に位置して、渤海の浜、総面積は11919.7平方キロメートル、渤海明珠だと称されます。全市で13区、5つ県、中央直轄市と沿海開放都市です。人口1000万、漢、回、朝鮮、満、モンゴルなどの民族があります。天津市の北は燕山、東は渤海に臨んで、海抜は2-5メートルの平原で、暖温帯の大陸性モンスーン気候です。冬になると港は80日の氷河期があって、年間降水量の550ミリメートル位、大部分が夏季です。  天津地区の形成は隋代の大運河の開通から始まりました。唐の中期以後、天津は南方から食糧、絹織物を北へ運ぶ水陸の埠頭になりました。宋金の時に“直沽寨”と称されて、元代“海津鎮”を改名されて、軍事要衝と食糧の運送中心です。明永楽二年(1404年)城を設立し、衛を設けて“天津衛”と言われています。  観光場所は水上公園は水上公園、大沽炮台、天津海濱浴場など。観光地は人文の景観を主としています。有名な十大景観は:天塔旋云、黄崖関長城、盤山、独楽寺、大沽口炮台、海河公園、古文化街、南市食品街和旅館街、水上公園、中環線。その中、黄崖関古長城、盤山、独楽寺、漁陽鼓楼、白塔寺、公輸子廟、古地層剖面、翠屏度假村、八仙勝境、大沽口炮台、玉黄閣、天尊閣、望海楼教堂、古文化街、文廟、李叔同書法碑林、霍元甲故里などは天津の名所古跡です。海河公園、水上公園、清真大寺、大悲院まども天津の有名な観光地です。

天津の気候.天気

北京と近いので天津の気候は北京と似ていて、暖温帯湿潤大陸性モンスーン気候に属して、四季ははっきりしています。年の平均気温は12℃ぐらい、1月マイナス4℃、7月26℃。年中は霜が降りない日は約210日、山岳地帯では少し短いです。港は冬になると約80数日凍ります。年平均の降水量の約550-650ミリメートル、春は降水が少ないため、気温は高く上がって、乾燥しています。
天津の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) 251120263031302620113
平均最低気温(℃) -8-519152023221791-5
降水量(mm) 2.84.77.22234.274.1172.4144.844.325.310.33.4
日の出 07:2807:0306:2305:3404:5804:4404:5705:2305:5106:2006:5307:22
日の入 17:1117:4718:1718:4719:1619:3819:3719:0718:2117:3316:5716:49

天津の観光スポット