中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

四平旅行案内

四平概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 吉林省
ピン音: sì píng 仮名: スー ピン
郵便番号: 136000 市外局番: 0434
軽度: 43.1669370 緯度: 124.3503520
 四平市は松遼平原中部、吉林省西南部、遼寧、吉林、内モンゴルの境に位置して、公主嶺市、双遼市、梨樹県、伊通満族自治県、鉄東区、鉄西区、遼河農業開墾管理区を管轄して、総面積1.4万平方㎞、その中に市街区の面積741平方㎞です。 四平市は吉林省の第三大の都市です。悠久な歴史を持ち、殷、周時代に祖先はここで生息したことがあります。市街区より50キロメートル離れる二龍湖畔にある燕国古城遺跡は漢民族が最初東北を開発した証拠です。史上の夫余、高句麗、契丹、女真、モンゴル、満州族、朝鮮族はすべてここで生活したことがあって、遼代韓州、金代信州、明朝葉赫部落などの文化遺跡を残っています。 市街区より30キロメートル離れる葉赫満族鎮は清朝の孝慈高皇后の出生地で、慈禧,隆裕皇后の原籍の地です。依通県では、満州族は依然としてたくさんの本民族の風俗習慣を守っています。 動植物の資源は豊富です。野生動物はキツネ、オオカミなどがいます。鳥はキジ、啄木鳥などの178種類がいます。魚はコイ、フナ、鯰、ソウギョなどの27種類がいます。食用の野生植物はワラビ、キノコ、サンザシなどの50種があります。薬用植物は朝鮮人参、甘草、五味子、枸杞子、カナビキオなどの293種類があります。 景勝地 二龍湖景区 吉林省の第一大ダムです。湖の辺にある燕国古城遺跡は漢民族が最初東北を開発する証拠です。湖の底にある赫尓蘇城遺址は清代の東遼河畔のの繁栄を代表して、それらは葉赫那拉の歴史を再現しているようです。 葉赫鎮  三名皇后の故郷--葉赫鎮は四平市東南より35キロメートル離れる所に位置します。幅 12.5 キロメートル、長さ35キロメートル。 伊通満族民俗館  今までは中国で唯一満州族の文化財と民族民俗風情を陳列する博物館です。    李連貴熏肉大餅、伊通鳩の焼き物、手 [才八] 肉、満州族お鍋などがあります。

四平の気候.天気

年間平均温度5℃、年間降雨量650ミリメートルです。春は風が多くて、夏は雨が多いです。
四平の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -8-35152227282723153-5
平均最低気温(℃) -19-15-7210161918102-7-15
降水量(mm) 5.55.313.330.55397.7173.7144.256.63113.86.6
日の出 07:1106:4005:5505:0104:1904:0204:1604:4705:2105:5506:3407:07
日の入 16:3217:1217:4718:2418:5819:2319:2018:4617:5417:0116:1916:07

四平の観光スポット