中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

チチハル旅行案内

チチハル概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 黒龍江省
ピン音: qí qí hā ěr 仮名: チー チー ハー アル
郵便番号: 161000 市外局番: 0452
軽度: 47.3544530 緯度: 123.9180420
中国、黒竜江省西部の市。省都ハルビンの北西270キロメートル、嫩江の中流域に位置します。竜沙、昂昂渓など7市轄区からなり、拝泉など8県を管轄下に置き、訥河市を管轄代行します。人口559万6191、市轄区人口143万6543(2000)。地名はダフール語で「天然の牧場」の意。1904年に黒水庁が置かれ、13年に竜江県となったのち、36年同県から分離してチチハル市が設けられました。気候は大陸性で、月平均気温は1月が零下19.6℃、7月が23.6℃、年降水量は451.5ミリメートルで降水は夏に偏ります。 ザーロン国家自然保護区 チチハルは自然に恵まれた都市で、近くにザーロン大湿原があり、中国の最大な湿原で、面積は21万ヘクタールです。東京都の面積とほぼ同じです。一望千里広くて、360度の丸い地平線で、こちらまで来ると地球は丸い地球だと感じさせられます。人跡未踏の原始境で、約260種類の野鳥が棲息されます。丹頂を始めとする鶴も多いです。また、「鶴の博物館」と呼ばれます。また、クロトキ、ヘラサギ、コウノトリなど珍しい鳥も見られます。アメリカ、フランス、ドイツ、日本の野鳥の会の皆様がよく観察に訪れます。 卜奎清真寺 卜奎清真寺はチチハルに一番古い建物で、歴史はチチハル町の歴史と同じで、1684年に築造してたのです、300年以上です。多民族56の民族からなる中国に10の民族がムスリンです、300年前、甘粛省から来た回族の皆さんが、敦煌のレンガ彫刻技術まで持ってきた、レンガの彫刻は素敵です。それに、その上に金張りの物があり、3日月、瓢箪、蓮の花の形で、当時の三大宗教を代表します。3日月はイスラム教のシンボル、瓢箪は中国の道教を指しています。お釈迦様は蓮の座にお座りになるから、蓮の花は仏教を代表します。真正面から、仏教のお寺らしくて、とてもユニークな建物です。今は中国の重要文化財だと指定されたのです。 龍沙公園 龍沙公園は総合公園で、美しい花も咲いているし、珍しい動物も飼われています。1907年に作ったのです、100年の歴史を誇ります。公園の中に人口の湖があり、チチハル市民にとって、何よりの憩い場所で、展望台はチチハルのシンボルで、それにソ連領事館や、ドイツ領事館など昔の面影が見られる。面積は64ヘクタールで、毎年12月25日に氷祭りが開催されます。四季折々の景色は素晴らしいです。

チチハルの気候.天気

気候は大陸性で、月平均気温は1月が零下19.6℃、7月が23.6℃、年降水量は451.5ミリメートルで降水は夏に偏ります。
チチハルの過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -12-7213212628262011-1-10
平均最低気温(℃) -24-20-11-1815181790-11-21
降水量(mm) 2.226.117.73165.4135.595.245.418.33.73.9
日の出 07:2706:5005:5804:5604:0803:4704:0204:4005:2106:0206:4707:24
日の入 16:2017:0617:4818:3219:1319:4219:3718:5717:5816:5816:0915:54

チチハルの観光スポット