中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

鶏西旅行案内

鶏西概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 黒龍江省
ピン音: jī xī 仮名: ジー シー
郵便番号: 158100 市外局番: 0453
軽度: 45.2950750 緯度: 130.9693330
鶏西市は黒竜江省東南部に位置して、北、東は勃利県、七台河市と相連なって、南は穆稜市、西は林口県と隣接していて、東、東南はロシアと境を接します。  6800年前、満州族の先祖ー粛慎人はここで生息して、中華文明の特色な漁猟文明ー新開流文化を創造しました。現在県の内には称す民族人口は約4.9%、漢族、満州族、朝鮮族、回族、モンゴル族などの24個民族がいます。  鶏西市は中国での太陽の一番早く昇る地で、空気は清新で、環境は綺麗で、海洋まで比較的に近いため、海洋の気候の影響を受けて、冬は暖かくて、夏は涼しくて、中国“北国の春城”の名誉があります。観光地は原始の自然の姿を守って、大自然に戻る氷と雪の旅の理想地です。黒竜江省の旅行業の“東洋の真珠”です。 鶏西の観光資源は非常に豊富です。河川、湖、森林湿原、近代戦争遺跡、現代観光農業、石炭工業文化などは鶏西の自然生態を主体する旅行観光地を構成して、中国“北国のエメラルド”の賛美がある中・露の境川は4380平方キロメートルにもなります。 鶏西は全国の第二大鉱山区で、年間出産する鉱物3000万トンの最高な記録を破ったことがあり、鶏西も食糧生産基地です。国内の“緑都”、“完達山”、“珍宝島”はもう中国人に知られている有名ブランドになりました。鶏西の非金属の鉱物も非常に豊かです。  景勝地の興凱湖は“渡り鳥のパラダイス”名誉があります。湿地面積2225平方キロメートルです。世界で三大の湿地の一つです。重要な渡り鳥235類、野生の丹頂100羽余りがいます。

鶏西の気候.天気

鶏西市は黒竜江省東南部に位置して、中温帯気候に属します。日本海より比較的に近くて、海洋の気候の影響を受けて、冬は暖かくて、夏は涼しくて、中国“北国の春城”の名誉があります。年平均気温は4.2℃、平均降水量500-550ミリメートル位です。
鶏西の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -11-62132025272621121-9
平均最低気温(℃) -21-18-90713171680-10-18
降水量(mm) 5.469.522.454.382.4122118.660.63512.27.6
日の出 06:5106:1805:2904:3103:4603:2703:4204:1604:5405:3106:1306:48
日の入 15:5816:4217:2018:0018:3819:0519:0118:2417:2916:3215:4715:33

鶏西の観光スポット