中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

金州旅行案内

金州概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 遼寧省
ピン音: jīn zhōu 仮名: ジン ジョウ
郵便番号: 116000 市外局番: 0411
軽度: 39.1001880 緯度: 121.7192380
 遼寧省南部に位置して、東は黄海と隣接して、西は渤海に瀕して、遼東半島南部の要塞の地で、陸路で大連に到達する経由地です。低山丘陵地方に属して、地形は北から南へ、小黒山から大黒山までの山脈が中心地帯です。全区は3つの地区に分けます。中部は丘陵地帯、沿海の河川に沖積された小平原区です。中部は低山丘陵地帯、長白山の山系の山脈です。南部にある大黒山は区内の山の首だと言えます。主峰海抜663.1メートル。 金州博物館遺跡 金州博物館は地志博物館に属して、1958年建てて、東北で創立した一番早かった博物館で、県内文化財保護、収集、研究と陳列機構です。 女子高等公学校遺跡 金州区聯勝街95番に位置します。1938年に建てて、建築面積約5000平方メートル。日本に侵略された時は金州女子高等公学校で、その時では大連で唯一の中国女子中学校です。1945年ソ連紅軍の兵舎です。その後、解放軍213病院外来診察部、大連陸軍学院病院の外来診察部で、現在は空いています。 金州副都統衙門  明朝以来では、統治者は皆に金州で重要な軍事、政治機関を設立して、清朝末期では、金州の城の内には衙門5箇所、その中に副都統衙門の歴史は最も長くて、規模は最大で、影響は最も深くて、城内の東街にあるので、“東衙門”の俗称があります。 石鼓寺  石鼓寺、つまり唐王殿です。大黒山の南の麓に位置します。隋唐時代に創建して、隋後期、唐朝初期の大将軍の尉遅敬徳が建てられたものです。 観音閣  観音閣はまた勝水寺です、大黒山の東北麓に位置して、大黒山では現存している最も古い仏教寺院です。勝水寺は元に上院と下院がありますけど、今すでに保存しませんでした。今なお保留する上院は明朝の洪武年間に修繕されたのです。 朝陽寺 大黒山の西麓に位置して、明朝に建てて、仏教寺院です。1993年再建し、市級文化財保護部門です。

金州の気候.天気

金州区は暖温帯気候で、海洋性気候を持っています。本区は北半球中緯度地帯に位置して、四季ははっきりしています。
金州の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -11714202426272418103
平均最低気温(℃) -7-5061217212217113-4
降水量(mm) 7.97.212.930.945.182.3153.2148.163.834.720.19.7
日の出 07:1006:4506:0505:1604:4004:2604:3905:0505:3306:0206:3507:04
日の入 16:5317:2917:5918:2918:5819:2019:1818:4918:0317:1516:3916:31

金州の観光スポット