中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

吉林旅行案内

吉林概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 吉林省
ピン音: jí lín 仮名: ジー リン
郵便番号: 132000 市外局番: 0432
軽度: 43.8378830 緯度: 126.5495720
吉林市は松花江の沿いに位置して、三面は山で、周辺は山に囲まれます。東は延辺朝鮮族自治州と隣接して、西は長春市、四平市と接して、北は黒竜江省と隣り合って、南は渾江市、通化市と隣接しています。総面積27120平方キロメートル。殷周時代、ここは氏族の部落が生息したことがあります。秦代以前は満州族の祖先“粛慎人”がここに生活したことがあります。 吉林市は別名「北国江城」で、市の木はヤナギです。市の花はバラです。市街区面積1755平方キロメートルです。 松花江S形を呈して、市内を流れて行って、凍りません。中国の北方で旅行の魅力がある都市です。霧氷奇観/スキー場/長白山松花江/満州族風情の旅行のポイントがあります。夏も避暑のパラダイスです。 吉林市は300年余りの歴史を持っている古い都市です。元の名前は“吉林烏拉”、満州語は河沿いの城です。19世紀吉林市は東北の政治、経済、文化の中心でした。3000年前に、ここは氏族部落の集まり住んでいるところです。明朝にここは“烏拉国”で、明永楽十八年に遼の東部指揮官の劉清は松花江で造船を派遣されてきました。吉林市は“造船所”の別称もあります。西暦紀元1673年吉林城を創立されて、1674年康煕の東巡の時に《松花江放船歌》の詩を書いて、詩の中に“連檣接艦屯江城”の文があり、だから吉林市は“北国江城”の称があります。 景勝地は吉林古船場、吉林隕石、松花江、松花湖、中国で四大の自然奇観:吉林霧氷、北大湖とスキー場、カトリック教会、聖母洞、龍潭山古城、水牢、地下牢、朱雀山、北山廟会古寺群、金日成読書記念館などがあります。中国の北の魅力を持っている冬の吉林霧氷は綺麗な自然の景観です。更に人を陶酔させて、中国の四大奇観の一つです。樹海の中に東北虎、ニホンジカ、熊、テン、と鳥類などは400類の野生の動物がいます。朝鮮人参、キクラゲ、サンザシなどの1300類の野生植物があり、東部山岳地帯は国内に知られている“東北三宝”(朝鮮人参、テンの毛皮、鹿茸)の産地です。ここも「魚米の里」です。水稲、トウモロコシ、ダイズ、高梁、アワを産出します。都市の水源の総量170億立方メートルに達して、全国で水が欠けない都市です。 "関東三宝"と言われる朝鮮人参、テンの毛皮、鹿茸などは国内外へ輸出して、その中、朝鮮人参、党参、サイシン、黄耆、バイモ、五味子を代表する薬用植物が900類になります。山ブドウ、サンザシなどを代表する加工原料植物が40類になり、松茸、ヤマブシタケ、キクラゲを代表するのは80類になり、ワラビ、ノエンドウを代表する野生野菜は190類になります。 吉林市の物産は豊富で、吉林市はまた満州族、朝鮮族、モンゴル族、漢族の集まり住んでいるところで、各民族の飲食文化が互いに影響し合って、互いに浸透して、各民族を代表する民族料理もあり、山東料理、宮廷料理と吉菜料理もあります。 霧氷氷雪、吉林霧氷、蓮花山スキー場、朱雀山スキー場、松花湖スキー場、北山氷雪大世界、北大湖スキー場、五家山スキー場などの景勝地は冬のポイントになります。 文化財古跡は吉林隕石、北山古廟群、吉林文廟、カトリック教会、露徳聖母洞、高麗古城遺跡、清真寺と拱北寺、阿什哈達摩崖碑などがあります。

吉林の気候.天気

吉林市の気候は温帯気候に属して、四季ははっきりしています。春は乾燥していて雨が少なくて、夏は暖かくて雨が多くて、秋はさわやかで晴れて、冬は寒くて雪が多いです。年平均気温3.9℃、1月の平均気温は最低で、マイナス18℃―20℃になります。一番暑い7月は21℃―23℃になります。年間平均降水量650-750ミリメートル、冬は国内観光客の遊園地になります。
吉林の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -10-63142226282722142-7
平均最低気温(℃) -24-21-91814181681-9-19
降水量(mm) 5.2614.429.656.3102.8190141.46735.815.36.7
日の出 07:0406:3305:4604:5104:0803:5004:0504:3705:1205:4706:2707:00
日の入 16:2117:0217:3918:1618:5119:1719:1418:3917:4516:5116:0815:56

吉林の観光スポット