中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

海城旅行案内

海城概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 遼寧省
ピン音: hǎi chéng 仮名: ハイ チョン
郵便番号: 114200 市外局番: 0412
軽度: 40.8823770 緯度: 122.6852170
海城は遼寧省南部、遼河下流の左岸、遼東半島の北に位置して、北は鞍山、瀋陽と隣り合って、南は営口、大連と接して、東は本渓、丹東と隣接して、西は盤錦と隣接して、東経122°18′~123°08′,北緯40°29′~ 41°11′。長さ80キロメートル、南北の幅44キロメートルです。 海城市は鞍山市に管轄されます。歴史は古くて、小孤山洞穴遺跡によると1万年前に旧石器時代、ここで古人類が生息したことがあります。析木石棚墓の発見から7千年前の新石器時代では人類の生活と生産方式はもうかなり発展していたようです。 水域は広くて、太子河、渾河、大遼河は南北を流れて、海城河、五道河、三通河、楊柳河,八里河は東西を流れて、地下の水資源も豊富で、水稲、水産物の養殖には豊富な水資源を提供しています。 “海城”という名の由来は《満州地名考》の記録によると、ずっと昔はこの辺には一面の果てしない海です。地質の構造の変遷のた原因で、地殻は上昇して、陸地に形成しましたので、“海の城”という名づけられました。もう一つの言い方は、“海城”の県名は“海州”と関係があります。西暦紀元925年、遼は渤海を滅ぼして渤海を東丹国と改称されます。928年遼太宗は東丹の人口と梁水(今太子河)の人口を西へ移して、これが臨溟、海州の由来です。清順治10年“海州”を“海城”と改称されます。 海城は中国の北方にある古い都市で、古跡などはかなり多いです。古跡は500箇所にもなり、秦の時の三河堡(現在の西四馬圈子)、望平県の析木城(漢代)、安市州の営城子(唐代)、臨溟の海城(遼代)、遼海衛の牛庄(明代)などの城の遺跡があり、遼代の金塔、鉄塔、金代の銀塔があり、新石器時代の石棚があり、唐代に建てて、明代修繕した三学寺と関帝廟、太平橋などがあります。古い遺跡は旧石器時代の小孤山洞穴、出土した動物化石、石器などは考古史上にめったにない物です。漢代の銅製金槌、清朝の金器、雲版、光緒の馬蹄銀などがあります。

海城の気候.天気

年平均気温10.4℃、降雨量721.3ミリメートル、暖温帯気候です。四季ははっきりしています。
海城の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -407172427292924177-1
平均最低気温(℃) -14-10-3613182120146-3-10
降水量(mm) 7.8815.735.856.784.2178.4172.477.943.821.19.8
日の出 07:1106:4306:0105:1004:3204:1604:3004:5805:2906:0006:3507:06
日の入 16:4517:2217:5518:2818:5919:2219:2018:4817:5917:1016:3116:22

海城の観光スポット