中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

昌図旅行案内

昌図概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 遼寧省
ピン音: chāng tú 仮名: チャン トゥー
郵便番号: 112500 市外局番: 0410
軽度: 42.7857480 緯度: 124.1108540
昌図県は遼寧省の北、遼河東岸に位置しています。中国で有名な農業大県で、東北で最大の落花生の集散地と中国で最大の糧食生産基地と牧畜生産加工基地です。昌図県の交通はとても便利で、ハルピンー大連、四平ーチチハルの鉄道があり、102国道、303国道、瀋陽ーハルピン高速道路は中を横切ります。 東経123°32′-124°26′北緯42°23′-43°29′間に位置して、西は開原市と隣接して、南は法庫県と接して、西北は内モンゴル自治区科爾沁左翼後旗と隣り合って、東北は吉林省四平市、梨樹県、双遼市と隣接しています。  昌図の名はモンゴル語“常突額尓克”の常突(changtu)から名づけられて、常突額尓克は元にモンゴル族の遊牧地方で、清嘉慶11年(1806年)“常突額尓克”の名の前の常突を命名して、“昌図”(changtu)にしました。“常突”は“緑の草原”の意味です。昌図県は秦、漢、晋時期に遼東郡の北に属します。扶余と鮮卑族に管轄されたことがあります。  史上に名人が多いことで有名になります。清朝に科挙の進士の趙映長、民国時期の東北保安副司令官の呉俊昇、建国の後に有名な橋梁専門家の中国農工民主党副主席の劉樹勲、宇宙飛行科学者、“神舟五号”指導者王永志、文学と芸術のほうは国内外の有名で近代的な作家の端木蕻良、脚本家の舒凡などの名人がいます。  昌図県は遼北低丘平原に属して、中には山脈が13あり、主要な峰は光頂子山、大台子山、天橋山などがあります。平均海抜500メートル位です。川は遼河の以外に、主要な支流は招蘇台河、二道川、亮子河などがあり、皆遼河水系に属します。  鉱物は鉄、銅、亜鉛、鉛、石炭、石灰石、黄土、大理石、河沙、石油、天然ガスがあります。 薬草は五味子、キキョウ、ミシマサイコ、杏仁、蒼朮、アマドコロ、クララ、天南星などがあります。野生動物は蛇、トカゲ、ヒキガエル、キジ、カモ、ウズラなどがいます。  昌図太平寺 太平寺は昌図県の毛家店太陽村の太平寺に位置して、1796年清嘉慶年間に建ててました。元は3階がありますけど、文化大革命に壊されます。20世紀90年代修繕されます。寺院は3000数平方メートルを占めています。

昌図の気候.天気

昌図県は中温帯大陸性気候に属して、四季ははっきりしています。夏は蒸し暑くて、雨が多いです。年間平均降雨607.5ミリメートル、年平均気温7.0℃です。
昌図の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -5-17172327292824165-2
平均最低気温(℃) -16-12-4512172120125-4-12
降水量(mm) 54.113.325.438.576129.2105.947.326.714.18.4
日の出 07:1106:4105:5605:0204:2104:0404:1804:4905:2205:5606:3407:06
日の入 16:3417:1417:4818:2418:5819:2319:2018:4617:5517:0216:2116:10

昌図の観光スポット