中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください
中国ツアー専門店

本渓旅行案内

本渓概況

所属地方: 東北【とうほく】 所属省(市): 遼寧省
ピン音: běn xī 仮名: ベン シー
郵便番号: 117000 市外局番: 0414
軽度: 41.2941760 緯度: 123.7664850
本渓は中国で有名な鋼鉄の都市で、元に“本溪湖”と言われました。ここにある鉱物が豊かで、“地質博物館”の名誉があります。主要な観光地は本溪湖、本渓水洞、東北の道教名山「九頂鉄刹山」などがあります。山野菜、朝鮮人参、鹿茸、凍梨(秋頃に収穫し、冬になるがちがちに凍らせる梨)などは本渓の特産です。 遼寧省東南部に位置して、清光緒2年(1876)桓仁県を設けて、32年本渓県を設けて、1939年本溪湖市を設けて、1948年本渓市を設けます。 北は瀋陽、撫順と隣接して、瀋陽まで77キロ、撫順まで79キロ離れます。南は丹東と隣り合って、丹東まで198キロ離れて、西は遼陽、鞍山と接して、遼陽まで46キロ離れて、東は吉林と隣接して、通化まで150キロ離れます。 国家、省級の名勝が26箇所があり、国家、省級重点文物保護単位35個、各の観光地区と資源保護区総面積1080平方キロ。その中に有名な世界文化遺産「桓仁五女山高句麗山城」、アジアの最大の天然の鐘乳洞「本渓水洞」、東北の道教の発祥地「九頂鉄刹山」、国家森林公園「関門山」などがあります。山、水、林、泉、洞窟を一体にして、“燕東景勝地”の称があります。 本渓の山の密林の中には歴史が悠久な明朝の遼東の国境の壁で、つまり、明代の長城の延びている部分です。 廟後山文化 廟後山遺跡(東経124°7′50″、北緯40°14′49″)は本渓県山城子村の東にある廟後山の麓の天然洞窟です。廟後山の遺跡は40万年前に北京人の華北で生活する同じ時代には東北地方の遼東では人類の生息する活動があると証明できます。廟後山遺跡の研究によると早期の人類文化は華北の旧石器文化と密接な関係があるとわかりました。 太子河史話 太子河は“衍水”と古称があります。春秋戦国時代に、太子河流域の周辺には“衍”と言われて、東胡族に管轄されるので、川を“衍水”と言われます。後は燕の太子丹は秦に追いかけられる時に、この辺に逃亡して、「太子河」と言われます。 本渓水洞 本渓水洞は4、5百万年前に、地殻変遷で形成した大型鐘乳洞で、本渓県に位置して、本渓市の東より35キロ離れる太子川沿いに位置しています。 平頂山は本渓市の南に位置して、海抜657メートル、山の地勢は高くそびえて、頂上は平坦で、面積250ムーがあり、だから“平頂山”と言われます。 本渓紅葉祭  毎年の9月になると楓葉が赤くなり、本渓の特別魅力になります。北京香山の紅葉と比べて、もっと栽培が広くて、東北地区で珍しい季節景観になります。

本渓の気候.天気

中温帯気候に属して、年平均気温6.1℃~7.8℃で、一番暑い7月では、平均気温24.3℃です。一番寒い1月では、平均気温マイナス14.3℃です。年平均降水量800-900ミリメートルで、観光のシーズンは秋です。
本渓の過去月間天気情報
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃) -5-16162327292823166-2
平均最低気温(℃) -17-13-4411162019124-5-13
降水量(mm) 9.49.61843.264.9100.1208.6172.671.2502512.5
日の出 07:0806:4005:5705:0504:2604:1104:2404:5305:2405:5606:3207:03
日の入 16:3917:1717:5018:2418:5519:1919:1718:4517:5517:0516:2616:16

本渓の観光スポット