中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

開平望楼(碉楼)と村落

投稿時間:2007年08月閲覧数:
開平望楼(碉楼)と村落の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:kaiping diaolou 開平望楼(碉楼)と村落
世界遺産登録年:2007
遺産のタイプ:文化遺産
所在地:広東省
 

開平市は広東省広州市から西の約160キロの場所に位置する。
開平望楼(碉楼)とは、開平市の1833棟の要塞風の建築物である。
碉楼の大部分は華僑たちが、清朝末期から民国時代の間で建設されました。
高さは10メートルで、3-6階に建てられ、その機能は主に強盗と洪水の防犯である。
碉楼の主人は海外から帰国した華僑ですから、その風格は西洋と中国の両方の様式が入り交ざったのである。
望楼は最盛期の1920年から30年代には3000箇所以上あったそうですが、戦争や、自然災害に沢山の望楼は壊れされた。

開平望楼(碉楼)と村落
開平望楼(碉楼)と村落
開平望楼(碉楼)と村落 開平望楼(碉楼)と村落 開平望楼(碉楼)と村落
上げる
(2)
100%
下げる
(0)
0%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>