中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

曲阜の孔廟・孔林・孔府

投稿時間:2007年08月閲覧数:
曲阜の孔廟・孔林・孔府の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:Temple and Cemetery of Confucius,and the Kong Family 曲阜の孔廟・孔林・孔府
世界遺産登録年:1994年
遺産のタイプ:文化遺産
所在地:山東省
 

  山東省の曲阜は中国の儒学の創立者、教育家―孔子の古里である。孔子は山東省の曲阜に生まれ、その死後、歴代の人々は曲阜に「孔子廟」を建てて孔子を祭るだけでなく、その子孫たちのためにも邸宅や執務場所である「孔府」を建てた。孔子とその家族の墓地に木がいっぱい植えられているため、「孔林」とも呼ばれている。曲阜の孔廟、孔府と孔林は「三孔」と呼ばれ、中国の四大古代建築群の一つである。
孔廟は曲阜市の中心部にあり、東洋の建築様式の大規模な建築物群で、歴代の孔子の祭祀行事を行う場所である。紀元前478年に建立された、現在の孔子廟は皇居に模して造られ、敷地面積は21万8000㎡。446の部屋と2000に及んだ碑碣がある。九重に重なるようにつくられた庭があり、三つの大きな主殿が南北の中軸線上に配置され、付属建築物が左右を対称的に分布し、配置が整然としていて規則正しい。周りは赤レンガの壁で囲まれている。主体建築の大成殿は雄大で重々しい。軒下に立つ、雲と竜を深く浅く彫刻した28本の柱は芸術的価値が特に高い。建物は彫刻や彩色が施されきらびやかで美しく、古木は天を突かんばかりに生い茂り、気勢は雄大である。孔子廟の中には大量の貴重な文物や歴代の有名な石刻が2100点収蔵されている。
  孔府(孔子の邸宅)は孔子の直系の子孫が住む住居である。宋の仁宗が孔子の第46代目の孫を「衍聖公」に封じたがゆえに、孔府は「衍聖公府」と呼ばれるようになった。孔子廟の東側にあり、北に位置し南向く孔府は、460余りの部屋があり、封建社会の官庁と住居を結びつけた大規模な建築物群である。
孔林は曲阜の中心部から北へ1キロ離れた所にあり、孔子およびその子孫の墓地で、中国で最も歴史が長く、最も完全に保存されている最大規模の一族の墓地である。孔林の中には樹齢千年の木が2万本余り植えられており、また木材として使われる大きな木が10万本余りもあり、石碑が林立している。

【交通】済南から車で約3時間

曲阜の孔廟・孔林・孔府
曲阜の孔廟・孔林・孔府
曲阜の孔廟・孔林・孔府 曲阜の孔廟・孔林・孔府 曲阜の孔廟・孔林・孔府
上げる
(1)
100%
下げる
(0)
0%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>