中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

武陵原の自然景観

投稿時間:2007年08月閲覧数:
武陵原の自然景観の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:Wulingyuan Scenic 武陵原の自然景観
世界遺産登録年:1992年
遺産のタイプ:自然遺産
所在地:湖南省
 

  武陵源は湖南省北西部の張家界市に位置し、1億万年前は海であったが、自然の変化によって峰が林立し、奥深い谷間のある奇異な地形が形成されるようになった。風景区の総面積は23490k㎡方で、中心風景区は張家界、索渓峪、天子山があり、総面積は369k㎡で、天然の動物園、植物園、地質公園でもあり、峰々が珍しく、洞穴が静かで、水がきれいで、樹木が密生しているなどの特徴がある。武陵源は張家界国家森林公園、索渓峪自然保護区、天子山自然保護区など三つの景観区に分かれ、奇異な山峰、奇岩怪石、幽谷、澄みきった水、深い洞窟などの「五つの絶景」がある。風景区内に、珪砂で形成された峰が3000カ所、高さ400メートル以上の峰だけで1000カ所もある。多くの峰が竹の子のようにぎっしりと林立し、気勢にみちていてスケールも大きく、国内外でも稀に見る景観となっている。
  張家界は武陵源風景区の中心に位置し、総面積は132.34k㎡で、紅沙岩峰林地貌である。地表水による切断と浸食作用で、周りに高い壁が林立し、地形は盆のような独特の形状をなしている。現在は遊覧コース5本と景勝地約80ヵ所がある。黄獅寨は海抜1200m、無数の絶壁によってもち上げられた平地で、面積は約20ヘクタールで、遠くから見ると、山の形はうずくまっている雄のライオンのようであり、そのため、黄獅寨と名付けられた。黄獅寨頂上台地の北端に黒縦脳石峰があり、面積は40万㎡ある。石峰の上に松の木が生い茂り、高さが数十メートルに達し、二人でも抱えきれないほどの、樹齢の長い大きな松の木がたくさんあり、どれだけ奥深いかおしはかれない原始林を形づくっている。金鞭渓遊覧コースは、張家界のいま一つの重要な観光コースで、全長は約10kmあり、張家界と索渓峪をつないでいる。渓水は曲がりくねって流れ、両側はそそり立つ絶壁で、「天然の山水画廊」という美称がある。兔児望月は張家界の最高峰で、海抜1334mである。その上に樹がたくさん生えており、得がたい植物景観をなしている。
  索渓峪は慈利県の西部に位置し、総面積は200k㎡。索渓は西から東へと風景区を横断して流れ、索縄に似ていることから索渓と名付けられている。同風景区の地質と地貌は奇独で、「天然の盆栽」とたたえられている。同地の再下層は黄色がかった緑色がダークグリーンの頁岩で、上層は厚さ約600mの蘇芳色または薄い灰色の石英沙岩であり、その間に沙頁岩の薄い層がはさまれている。同地を遊覧すると、あたかも絵の中にいるような感じがする。同風景区の黄竜洞は長さ7.5キロ、四層からなる洞穴で、ダム、川、滝、池、大広間、長廊があり、非常に雄大な奇観を呈している。
  天子山は桑植県にあり、面積は93k㎡で、主峰の昆侖峰は海抜1262m。天子山の瀑布、天橋、溶洞、岩峰、石林など各種奇特な地貌は、山腹に集中している。現在、天子山には石家檐、茶盤塔、老場屋、鳳楼山、黄竜泉、昆侖峰の六つの主な遊覧区があり、天然の景観台が84カ所もある。雲と霧、霞がかった太陽、月の夜、冬の雪は、四大自然奇観である。同時に亜熱帯の常緑闊葉樹が密生し、珍しい禽獣がその間を出没し、山や野原にはいろいろの花や草がいっぱい生えている。
武陵源は林に覆われ、ミズスギ、イチョウ、キョウドウなど「生きている化石」と言われる稀少植物もあれば、キジ、センザンコウ、ガンジスザル、オオザンショウウオなどの稀少動物もある。

【交通】車で約1時間の張家界空港へは北京、上海、長沙、武漢、成都などから便がある

武陵原の自然景観
武陵原の自然景観
武陵原の自然景観 武陵原の自然景観 武陵原の自然景観
上げる
(12)
70.6%
下げる
(5)
29.4%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>