中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

ラサのポタラ宮

投稿時間:2007年08月閲覧数:
ラサのポタラ宮の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:The Potala Palace at Lhasa ラサのポタラ宮
世界遺産登録年:1994年(2000年、2001年拡張登録)
遺産のタイプ:文化遺産
所在地:チベットのラサ
 

  紀元前7世紀頃、チベットのラサ市の西北にある紅山の上に営造されたポタラ宮は、チベット仏教を信仰するチベット族の人々にとって、観音菩薩が住む普陀山のような地位を占めているので、チベット語で「ポタラ」(普陀の意味)と呼ばれる。伝説によると、紀元7世紀の頃、吐蕃王のソンツァンカンポが唐の文成公主を迎えるため、紅山にポタラ宮を築造させたという。その後戦争で破壊され、17世紀になって、5世ダライラマによって再度築造され、その後歴代のダライラマも手入れしたり拡充したりして、現在の規模のものになった。
  ポタラ宮は中国有名な宮堡式の建築群であり、チベット古代建築の精粋であり、世界の文化遺産の一つである。山の地勢に沿って築造され、敷地面積41万㎡、建築面積13万㎡のこの宮殿は紅宮と白宮の2つの部分に大別され、万を数える部屋をもっている。東の白宮はダライラマの政治活動と生活区として用いられ、真中の紅宮は宗教行事を行う場所として、仏殿と歴代のラマの霊塔殿を設置してある。西にある白い僧室はラマと僧侶の住む部屋である。紅宮の内に安置されている8つの歴代のラマ霊塔はいずれも金箔で包んでいて、エジプトのピラミッドに匹敵することができる。そのうち最も高いのは5世ダライラマのもので、その表にめっきされた金だけで11万9000両もある。5世ダライから、すべての重大な宗教行事や政治儀式は例外なくここで行われる。その下には「晒仏台」という白い壁があって、仏教の祝祭日になると大仏像を置く場所である。ここは旧チベットの政治、教育を一体とする統治の中心で、歴代ダライラマのメッカである。高さ115.703m、13階建てのポタラ宮は雄大で金色に輝き、高原の聖殿と絶賛されている。
 山の中腹にある白宮の主体建築の前に1600平方メートルもの広場があり、これは祝祭日に式典を行ったり、ダライラマが歌や踊りを観賞したりする場所である。曲結竹普(ソンツァンカンポの頃に築造された法洞)はポタラ宮の中の最も古い建築物で、その中にはソンツァンカンポ、文成公主および大臣たちの塑像が保存されている。ポタラ宮の中にはまた大量の貴重な文物が収蔵されている。チベット族の人たちの英知と力を示すこの古代建築物群は雄大な姿やチベット仏教における神聖な地位によってチベット族の象徴となっている。

ラサのポタラ宮
ラサのポタラ宮
ラサのポタラ宮 ラサのポタラ宮 ラサのポタラ宮
上げる
(2)
100%
下げる
(0)
0%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>