中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

澳門(マカオ)歴史市街地区

投稿時間:2007年08月閲覧数:
四百余年の歳月を経ち、中国文明と西洋(ポルトガルがメイン)文化が混ざってきた澳門に、以下の12ヶ所の観光スポットを含む8つの広場と22カ所の歴史的、宗教的建築物が、「マカオ歴史市

媽閣廟英語名称:The Historic Centre of Macao 澳門(マカオ)歴史市街地区

世界遺産登録年:2005年

遺産のタイプ:文化遺産

所在地:澳門

四百余年の歳月を経ち、中国文明と西洋(ポルトガルがメイン)文化が混ざってきた澳門に、以下の12ヶ所の観光スポットを含む8つの広場と22カ所の歴史的、宗教的建築物が、「マカオ歴史市街地区」として世界文化遺産に登録された 。 
媽閣廟:1605年建立。海の守護神“天后”が祭られている 。 
モンテの砦 : 1617年にイエズス会士達が築いた砲台 。 
ギア要塞 : 1622年マカオ半島の最高地点に建てられた砦。 
聖ヨセフ修道院及び聖堂: バロック様式の聖堂 。 
聖ポール天主堂跡: マカオのシンボル。現在残るものは1637年完成した教会の跡。 
民政総署大楼 : 1784年に建設されたポルトガルの建築様式。 
仁慈堂 : 18世紀中ごろの建設。ポルトガルの慈善事業組織がある 。 
ドン・ペドロ5世劇場 : 1860年建設。マカオに住むポルトガル人達の大会堂 。 
港務局大楼: 1874年に建立されたインド風建築物 。 
鄭家大屋: 1881年建設。マカオに残る最大の中国民家の建築郡 。 
旧城壁: 大三巴ナーチャ廟脇にあるポルトガル人達が築いた城壁 。 
大三巴ナーチャ廟 : 1901年聖ポール天主堂跡の脇に建てられた中国寺院 。

上げる
(3)
75%
下げる
(1)
25%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>