中国旅行・ツアーは旅情中国におまかせください

龍門石窟

投稿時間:2007年08月閲覧数:
龍門石窟の情報を紹介します,中国の遺産を写真と詳細の情報、行きかたなどの専門ページです。
英語名称:Longmen Grottoes 龍門石窟
世界遺産登録年:2000年
遺産のタイプ:文化遺産
所在地:河南省
 

中国の名高い三大芸術宝庫の一つ。河南省洛陽市から12Km離れた南の所にあり、北魏代の孝文帝が都を洛陽に移した後494年に削り始められた。唐、宋をはじめとする六つの王朝が400年にわたって大規模な築造を続け、1400年の歴史がある。現在、洛陽の南にある伊河の両側の、長さ1キロもある龍門山(西山)と香山(東山)の崖に、1352カ所の石窟、785の仏壇、9万7000の塑像、塑像に関する石刻とその他の石碑が3680もある。そのうち北魏のものが3分の1、唐のものが3分の2を占めている。龍門石窟の塑像は表情や服飾にしろ、彫刻手法にしろ、外国の仏教芸術の影響はすでに薄れており、中国独特の民族風格を示している。中国の石窟芸術が成熟して、最も盛んであった時期である。
 北魏の石窟芸術を代表する賓陽中洞の11体の大仏像は強健で素朴、簡潔で全体としてよくまとまった感じの強い雲岡石窟の塑像の特徴を受け継ぎ、更に写実的でふっくらとした唐代塑像の風格へ引き継がれていくわけである。
  奉先寺は中国歴史上唯一の女帝則天武后の命によって造られたもので、龍門石窟の中で規模が最も大きく、芸術的な価値が最も高い石窟である。真中には高さ17.14メートルの廬舎那仏は高さ17.14m、頭の高さ1m、耳の長さ1.9mで、袈裟をまとって、顔の表情が豊かて落ち着いているため、唐代の彫像芸術が高い水準に達した事物語っている。額が広く表情が穏やかであることは唐の則天武后は盧舎那仏像の原型であることが分かる。廬舎那仏の両側には対になったのは、菩薩、天王、力士と供養する人。

【交通】洛陽市内から車で約20分

龍門石窟
龍門石窟
龍門石窟 龍門石窟 龍門石窟
上げる
(0)
0%
下げる
(0)
0%
------セパレーター----------------------------
感想・意見を書き込み
違法、他人を中傷する記事は管理者の判断で予告無く削除されます。
評価:
【絵文字 気持ち】 :
ID: 文字の確認:別の文字を表示
最近のコメント コメントの詳細ページへ>>